どなた様でも、お電話1本でご予約できます。

現役スタジオマンによる超個人的おすすめエフェクター3選(クリーンブースター編)

 第四弾!!クリーンブースター編!! 

渾身のギターソロで音が埋もれてしまってはもったいないですよね?

そんな時、音質を変えずに音量だけを大きくしたり、一歩前に出たような音にしたいのがギタリストなんですよね、笑

そんな地味だけど大切なエフェクターを紹介していきたいと思います!


MXR / micro amp

 
mxr_m133d
ピックアップの出力不足を補ったり、バッファアンプとして使ったり、ブースト用に使える多用途プリアンプ。

 

メーカーからのコメントは上記の通りで、要は使ってみな!ってこと。

「今のサウンドが気に入っているけどもう少し音圧が欲しい…」そんな時にはコレ!!

シンプルなクリーンブースターとして原音の雰囲気を変えてしまう事無くパワーアップ!!

常時かけっぱなしで音圧を稼ぐのもいいかも!

ギター用として使うのがポピュラーですがもっと音を前に出したい!!

というベーシストさんにもオススメできます!

 

個人的な使用感は、低域から広域までこれでもかってくらいフラットに音量だけ持ち上がるイメージですね。

正直地味です。地味だけど。。。それがいいんです。そうゆう不器用なところが好きなんです。。。


 CAE・MXR / MC-402 Boost・Overdrive

mxr-mc402

シンプルでダイナミックなオーバードライブと、独立したクリーンブーストサーキットの一体型モデル。
ブースター部はMC-401と同様、ローノイズの優れたクリーンブースター。シンプルなデザインで、贅沢な機能を凝縮したペダルです!
80年代以来、世界を代表するトップギタリストに絶大な信頼を誇るボブ・ブラッドショーのCUSTOM AUDIO ELECTRONICSと、
コンパクトエフェクターのパイオニア、MXRのコラボレーションによって新たなる伝説が始まります。シンプルでダイナミックなオーバードライブと、
独立したクリーンブーストサーキットの一体型モデルです。オーバードライブセクションはまさに“クラッシック”。
音に色づけすることなく、ナチュラルに暖かみ、サステイン、パンチを加えます。ブルージーで、わずかにオーバードライブの効いたサウンドから
ゲインを効かせたフルメタルクランチまでカバー。ギターのボリュームを下げるとクリーンなトーンが得られるようになっています。
 

ブースター部はmicro ampと同様かなりナチュラルに原音が持ち上がりますが、micro ampと比べて音がやや艷やかになり、輪郭がくっきりします。

オーバードライブセクションはオーバードライブとして使用するのもOK!

また、アンプ等で作った音の質感でソロを弾きたいけどもう少しだけゲインを稼ぎたいという時にゲインヘルパーとしてもGOODです!

どちらかと言うと後者の使い方のほうが足元をすっきりさせられるので個人的にお勧めしたい使用例ですね!

 

あと!!

 

写真ではわかりにくいですが、筐体の質感がいいんですよねぇ。。。

しかも重いんですよね。重いエフェクター好きなんですよねぇ。


 D.A-project / D.A-Booster

7f35ba4e0a039c75f3fffa5fddebd0c1

Blue : トゥルーバイパス仕様
Green : バッファードバイパス仕様
素直にギターの音を持ち上げることによってギター本来の艶を際立たせ、
アンプ本来の音をドライブさせてくれます。
ピックアップの音質を変えずにパワーだけを上げたようなナチュラルなブースト感です。
原音から最大11倍の増幅です。
完全につまみを絞ると増幅0のバッファーです。
どこまでナチュラルか、どれだけハイレスポンスか。
そこを突き詰めたサウンドは一度使うと癖になります。

 

ハッキリ言います!!

今まで試したどのブースターよりいいです。。。

と言うのも。

micro ampやMC-402は不要な高音域や低音域もフラットにブーストされるためごちゃごちゃしたサウンドになりがちなんですよね。

でもこのD.A-Boosterはその余分な音域が持ち上がらずにギターのおいしい音域のみ艶っぽくブーストされるんです!


 以上!おすすめ3選でした!

何百というエフェクターボードを見てきましたが

やっぱりブースターに目が行っちゃうんですよねー

ギタリストが一番目立つ時にオンにするペダル。

’’ブースター=個性’’

なのかなぁ。

とも思いますね!

 

次回、ファズ編!!! 


プロフィール

246 OSAKA STAFF 浅木 敬大(ギタリスト)

IMG_6532

元アナログシンセサイザー(ノイズ系)の開発エンジニアで、エフェクターの自作や

ギターやアンプの修理、改造。プレイヤー1人1人にあったオリジナルケーブルの作成等。

 

使用機材

・ギター

YAMAHA / SAS-1500

Rozalia / Urbanity Plus K&T WEEP搭載

momose / MT1-STD初期ロットMOD.

Dragonfly / HI STA648mm

・エフェクター

BOSS / GT-100

コンパクト多数

・ケーブル

LAVA CABLE ELC / OYAIDE P-285M

mogami 3368 / FURUTECH Audio-Grade Plug

mogami 2524 / NEUTRIK NT2X-B

 

http://widewindows.com/246osaka/

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PAGE TOP