かしもとゆか


16のときから、ながいあいだ、バンドのなかでやってきました。
そのあと、アコーステックデュオでうたっていました。
うたっているとき。いちばん こころが、こころのままでいられます。
2012年 春、ウクレレにであって。
しごとをやめ、かったばかりのウクレレを連れて、北欧 Swedenに滞在。
わたしのはじめてのひとりステージは、Blommaplan駅前。
どこかちがう国で路上ライブをするというのは、音楽をやり始めてから、叶えたかった ちいさなゆめのひとつでした。
2016年。ウクレレと。やっと、活動といえる活動をはじめます。
ことばでいえない景色を思い出させる うたうたいに なりたい。