良元優作


1977年生まれ。
大阪市出身のシンガーソングライター、目の前にある世界を唄う。
テーブルの上のボールペン、窓の水滴、冷蔵庫の音、街を行くタクシー、空に舞うビニール袋、曇り空、隣の国、運動場の足跡。
誰でもない声で唄い、ギターを弾く。
その歌は街の匂いや色や温度を含み、聴く人の中にある記憶をくすぐる。
大阪を中心に日本各地に足を運びライブを行なっており、ファンの層はとても厚い。
GWの風物詩《祝・春一番》には2007年より出演。
最初に作った歌《満月の手紙》は故・中島らもの晩年の愛聴歌だったという。