内田勘太郎


1970年憂歌団結成。1975年、そのリードギタリストとしてレコードデビュー。
ブルースを基調にした独自の世界で全国を席捲し、熱狂的な人気を誇った。
その天才肌のギタープレイの評価は高く、日本を代表するギタリストとして名を馳せる。
カルピスの瓶首を使ったスライド奏法も有名。数々の有名アーティストとのセッションやレコーディング、CM音楽なども多数手がける。
1998年、アルバム『マイ・メロディ』でソロデビュー。
1999年より憂歌団無期限活動休止に入り精力的にソロ活動開始。
2013年に15年振りに憂歌団再始動し、2014年からはソロ活動に加え、憂歌兄弟、憂歌団と活動の幅は広がったが、現在その動きは無い。
2016年、初のエッセイ集「内田勘太郎 ブルース漂流記」を刊行。
2016年リリースの通算8枚目のソロ・アルバム『DEEP BOTTLE NECK GUITAR』を機に、15歳の時に始まったブルースの旅は半世紀近くを経てデルタブルースに回帰。
圧倒的なボトルネック・ギターと指弾きで奏でられる音色は表情豊かで、フィーリングとトーンを肝にジャンル問わず展開中。
ソロライブと併行して独自企画として2007年から4ヶ月に一度開催しているセッションライブ「YOKOHAMA MEETING」と2008年から春秋開催の「ナゴヤ事始め」も好評継続中。
このセッションライブがきっかけで結成したうじきつよしとの「子供団」、TOSHILOW・KOHKIとの「ブラフ団」でも2018年よりあちらこちらに出現中。
更に2019年6月26日甲本ヒロトとの新ブルース・ユニット「ブギ連」でアルバム「ブギ連」リリースと共にデビューし話題沸騰中。
予てより構想し2019年2月に密かに録音していたギター・インストゥルメンタル(1曲を除く)での名曲集「Tohgen Kyo」を遂に2019年10月9日にリリース。