全店舗 全店舗24時間営業 スタジオ246

新着情報

ハンドメイドエフェクター weed・貸出&販売中!

2015/10/01(木)

スタジオ練習時に何時間でも、1回\100でレンタルしております!

Studio246 NAMBA・Studio246 NAGOYAがweedスペシャルショップになりました!weedをご存じの方も多いのではないでしょうか?Weedブランドは、カスタムエフェクターやweedオリジナルのエフェクターを作っています。カスタムエフェクターの見た目はBossでも中身は違います。職人さん達がハンドメイドで改良を加え、更なる進化を与えているんです。音ヤセも少なく、いい音鳴りますよ!詳しいラインナップはweed official siteへGO!

= weed Original Effector =

SWEET DRIVE-red (Hi-Gain OverDrive)

\25600 REDはハイゲインモデルで、ブライトなサウンドがより一層歪みを際立たせます。レベルとトーンの可変を滑らかにすることで使えるサウンドポイントが多くなるようにしました。ダンピングコントロールスイッチはアンプの形状によって耳障りになったり物足りなく感じる低域を増減出来るように設計されています。またこのスイッチをシングルコイルPUとハンバッカーPUを切り替えた際に使用しても面白いかもしれません。

SWEET DRIVE-green (OverDrive)

\25600 GREENは現状のサウンドを踏襲しながらレベルとトーンの可変を滑らかにすることで使えるサウンドポイントを多くなるようにしました。ダンピングコントロールスイッチはアンプの形状によって耳障りになったり物足りなく感じる低域を増減出来るように設計されています。またこのスイッチをシングルコイルPUとハンバッカーPUを切り替えた際に使用しても面白いかもしれません。

SWEET BASS (OverDrive for BASS)

\25600 ベース用のオーバードライブです。全体的にゲインが高めに設定されていますが驚くほどにノイズが少なく、インプットレンジを広く取ってあるので多弦ベースにも原音の芯を損なう事無く図太く歪ませることができます.。\25600

BePee (Bass Preamp)

\25600 dragonflyのベースに搭載されているプリアンプ『DFBP-3』をアウトボードにしました。内部構成パーツ・配線材はモディファイの経験を活かしオーディオグレード・ハイスペックパーツを採用。電池くささを感じさせないサウンドです。 シンプルながらも多彩な音作りが可能です。\25600

FREEZER (Chorus)

\25600 weedのオリジナルのコーラスです。パッシブ、アクティブのベース、ギターすべてに対応出来るようにしました。煌びやかなコーラスサウンドに低域のブースト/カットが出来るBOTTOMコントロールとLEVELコントロールの調整でバンドアンサンブルの中でのヌケが良くなり中低域の厚みが増します。\25600


= weed modify Effector =

weed BD-2 mod (Blues Driver)

\25600 歪みと同時に失われてしまう低域をボトムSWで補うことができ、さらに左側のスイッチでプレゼンスブーストが出来るので抜けの部分でもコントロール出来るようにしてあります。

weed TR-2 mod (トレモロ)

\28000 トレモロペダルにとってボリュームが下がるという致命的な欠点をこのペダルは改良しました。本体横のVolume Controlを追加し、独立してコントロール出来るようにしてあります。したがって、DEPTHコントロールをゼロにしてペダルをONにするとクリーンブーストとして使用することも出来るようになっています。

weed dynacomp mod

\24000 名機 dynacompを太さと高域のくもりのないHi-Fiサウンドに仕上げました。往来のdynacompでは得られなかったスムーズ感と心地よいアタック、フィンガーピッキング時やミュート奏法時に素晴らしく反応してくれるでしょう。OUTPUTを12時より徐々に上げていくと軽いブースター効果も得られます。

weed mod phase90

\27200 王道のフェイズサウンドのほかに実践で使える2種類のバリエーションを持たせました。ひとつはフェイズ効果の癖であるレゾナンスをできるだけ排除したトレモロ風サウンド、もうひとつは低域の泥臭さを軽減したライトなフェイズサウンドに仕上げました。

weed RAT mod

\28000 歪みを構成するクリッピングダイオードにゲルマニウムダイオードを使用しました。これによりRAT本来の歪みにFUZZ的な要素をプラスすることにより今までとは異なったRATサウンドを得る事が出来ます。

weed microamp mod

\24000 ギリギリまで歪みの無いクリーンブーストを実現しました。ノイズレスでクリアなサウンドはクランチ系サウンドにも素晴らしくマッチします。楽器のレベルアッテネーターとして使うもよし、輪郭を際立たせるバッファーとして使うもよし、状況に応じて様々な使い方が出来ます。

weed SMALL CLONE mod

\27200 モジュレーション系エフェクターにとって一番重要な音像感(揺れ)をスムースかつブライトにする為に、ポイントである幾つかの電解コンデンサーをオーディオパーツに交換し、高域の透明さと原音を損なわない美しいサウンドに仕上げました。従来のSmallCloneの持つワイドなコーラスに加え、きらびやかで伸びのあるサウンドをご堪能ください。 他のエフェクターとの混ざり具合は絶妙で、接続の最後尾に繋ぐことをお勧めします。

weed GCB-95 mod

\38400 Wahpedalの心臓部indouctor-Coil(Fasel)をMDW-1は2機種(ToroidalCupCore)搭載しプレイスタイルによってセレクトできるようにしました。またWah効果によって失われがちな中低域を1.5倍ブースト出来る M.B-Boostコントロールを追加しました。ペダルのVoiceバリエーションも3種類セレクトでき、Hi-Fiな抜けの良いワウからピーキーワウ、リングモジュレーター風ワウなどindouctor-coil-selector(※MDW-1のみ)と組み合わせる事により豊富なバリエーションが得られます。

カスタムエフェクター・weedオリジナルエフェククター共に、Studio246 NAMBA、Studio246NAGOYA店内でレンタル&販売しておりますので、皆様、一度お試しされてはいかがでしょうか?スタジオ練習時にご自身のバンドにて試奏し、「この音イイ!!」と気に入られれば、店内にて販売もしておりますので、すぐにマイエフェクターとしてお使い頂けます。また、店頭のみでの販売となっておりますのでご了承下さい。宜しくお願い致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スタジオ246系列スタジオ

PAGE TOP