SATOKO


1982年9月10日生まれ。13歳でドラムを始め、様々なバンドやセッションに参加し始める。
2003年から自身のロックバンド、FUZZY CONTROLの活動を開始。
ドラムコーラスと作詞を担当し、レコーディング、ライブ活動を行うと同時に、ドラムのワークショップを全国各地で展開。
その傍ら、DREAMS COME TRUE、稲葉浩志、吉川晃司、DAITA、花澤香菜、スガシカオ、山本彩、大黒摩季等、多数アーティストのサポートドラマーとしての活動も行なっている。
左利きのため、変形セットを操る。
2013年に自身初の書籍「たった、少しの覚悟で冒険するドラゴン」(光文社)を出版。執筆活動でも力を発揮し始める。
2015年からは各地で絵画個展を開催。 作家、画家としても活動の幅を広げている。
2017年、8月に中国で開催された「Jinbao music festival」に参加。
同年12月には、シンガポール・台湾でスガシカオのTOURサポートを務める等、海外での活動も活発に行なっている。